日鉄デッキプレート 評価書・耐火構造認定書一覧

ホーム>日鉄デッキプレート 評価書・耐火構造認定書一覧

評定


品名 件名 評価機関 評価書ダウンロード 備考
サイノスデッキ デッキ合成スラブ
(サイノスデッキ)
一般財団法人
日本建築センター
BCJ評定-ST0260-01  
EZ50
EZ75
EV50
 合成スラブ構造
(日鉄Eデッキフロア・ EZシリーズおよびEシリーズ)
一般財団法人
日本建築センター
BCJ評定-ST0076-05 05は、01~04の内容を含んでおります。
確認申請図書への添付は、05のみで結構です。
BCJ評定-ST0076-04
BCJ評定-ST0076-03
BCJ評定-ST0076-02
BCJ評定-ST0076-01
HYPER  デッキ合成スラブ
(ニッテツハイパーデッキ)
一般財団法人
日本建築センター
BCJ評定-ST0113-04 04は01~03の内容を含んでおります。
確認申請図書への添付は、 04のみで結構です。
BCJ評定-ST0113-03
BCJ評定-ST0113-02
BCJ評定-ST0113-01

建築材料・設備基材等品質性能評価


品名 件名 評価機関 評価書ダウンロード 備考
SF 床型枠用鋼製デッキプレート 一般社団法人公共建築協会 評価第941-01009005号  

ページトップへ

耐火構造認定


床無被覆耐火認定

品名 耐火
時間
使用条件 断面条件 接合仕様 認定書
ダウンロード
備考
支持
条件
許容
スパン
※1
許容積載荷重
※2
デッキ
板厚
mm
コンクリート  ひび割れ
拡大防止筋
※3
耐火
補強筋
(溝筋)
※5
頭付き
スタッド
焼抜き
栓溶接
発射打
込み鋲
m kN/m2 厚さ
mm
Fc
kN/m2
サイノス
デッキ
2時間 単純
連続
2.4 35.4※10 1.0
1.2
1.6
普通60 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 ○※9 NG NG FP120FL-0179 ※スラブ自重が3,595N/m2(山上60mm、板厚1.0相当)を超える場合は、超えた重量分を許容積載荷重から差し引いて下さい。
4.5 7.50※10
2.4~4.5 式1※10  
連続 3.2 16.6※10 1.0
1.2
1.6
軽量60 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 ○※9 NG NG FP120FL-0168 ※スラブ自重が3,025N/m2(山上60mm、板厚1.0相当)を超える場合は、超えた重量分を許容積載荷重から差し引いて下さい。
3.6 12.5※10
3.2~3.6 式2※10  
単純
連続
3.6 7.0 1.0
1.2
1.6
軽量60 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 ○※9 NG NG FP120FL-0163 ※スラブ自重が3,025N/m2(山上60mm、板厚1.0相当)を超える場合は、超えた重量分を許容積載荷重から差し引いて下さい。
EZ50 2時間 連続 2.7 式3 1.2
1.6
普通95
軽量85
18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要 FP120FL-9108 合成スラブ工業会各社共通認定
単純 D13※4 FP120FL-9114 合成スラブ工業会各社共通認定※6
単純
連続
2.7 4.4 1.0
1.2
1.6
普通85 18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要 ◯※8 NG NG FP120FL-0183 ※スラブ自重が2,730N/m2を超える場合は、超えた重量分を許容積載荷重から差し引いて下さい。
1時間 連続 3.0 式3 1.2
1.6
普通80
軽量80
18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP060FL-9096 合成スラブ工業会各社共通認定
単純 2.7 D13※4 FP060FL-9102 合成スラブ工業会各社共通認定※6
単純
連続
3.0 3.5 1.0
1.2
1.6
普通80 21~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP060FL-0066 耐火補強筋不要認定
2.7 5.4 18~24 FP060FL-0079
2.5 7.0 18~24 ◯※8 NG NG FP060FL-0104
単純
連続
2.5 3.5 1.0
1.2
1.6
普通60 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP060FL-0090 最軽量耐火補強筋不要認定Eco60
単純
連続
2.8 3.48 1.2
1.6
普通70 21~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP060FL-0005 天井付き複合耐火認定※7
2.8 2.16 普通60 FP060FL-0006
EZ75 2時間 連続 3.6 5.4 1.2
1.6
普通95
軽量90
18~24 D10-200×200 不要 ◯※8 NG NG FP120FL-9108 合成スラブ工業会各社共通認定
連続 3.4 式4 1.2
1.6
普通90
軽量85
18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要
単純 D13※4 FP120FL-9114 合成スラブ工業会各社共通認定※6
単純
連続
2.5 6.0 1.0
1.2
1.6
普通90 18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要 NG FP120FL-0103 耐火補強筋不要認定
1時間 連続 3.6 4.4 1.2
1.6
普通90
18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要 ◯※8 NG NG FP060FL-9096 合成スラブ工業会各社共通認定
連続 3.4 式4 1.2
1.6
普通80
軽量80
18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要
単純 D13※4 FP060FL-9102 合成スラブ工業会各社共通認定※6
単純
連続
3.4 3.5 1.0
1.2
1.6
普通80 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 ◯※8 NG NG FP060FL-0073 耐火補強筋不要認定
3.0 5.4 NG FP060FL-0078
EZ50-S 2時間 単純
連続
3.0 式7 1.0
1.2
1.6
普通80 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 ◯※8 NG NG FP120FL-0198-1  
連続 2.0 22.3※12 ◯※8 NG※11 NG NEW
FP120FL-0213
EZ75-S 2時間 連続 3.6 式5 1.0
1.2
1.6
普通80 18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要 ◯※8 NG※11 NG FP120FL-0178-1  
単純 3.2 ◯※8 NG NG FP120FL-0187-1
3.2
~
3.6
D13 ◯※8 NG NG NEW
FP120FL-0222
連続 2.4 19.5※13 軽量80 不要 ◯※8 NG※11 NG NEW
FP120FL-0196
単純
連続
3.6 式8 D13 ◯※8 NG NG NEW
FP120FL-0215
HYPER 2時間 連続 4.5 式6 1.0
1.2
1.6
普通80 18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要 ◯※8 NG NG FP120FL-0122  
単純
連続
常温時の
設計による
1.0
1.2
1.6
普通80 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
D13※4 FP120FL-0033  
連続 3.2 7.59 1.0
1.2
1.6
軽量75 18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要 ◯※8 NG NG FP120FL-0081 ※スラブ自重が2661N/m2(山上75mm、板厚1.0相当)を超える場合は、超えた重量分を許容積載荷重から差し引いて下さい。
3.6 6.0
単純 3.6 6.0 φ6-150×150
D10-200×200
D13※4 FP120FL-0088  
単純
連続
3.6 12.2※10 1.0
1.2
1.6
軽量75 18~24 φ6-100×100
D10-200×200
D13※4 ◯※8 NG NG FP120FL-0173 ※スラブ自重が2661N/m2(山上75mm、板厚1.0相当)を超える場合は、超えた重量分を許容積載荷重から差し引いて下さい。
1時間 連続 常温時の
設計による
1.0
1.2
1.6
普通60 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP060FL-0031  
単純 D13※4 FP060FL-0032
EV50 2時間 連続 2.7 3.5 1.2
1.6
普通100 18~24 φ6-100×100
D10-200×200
不要 FP120FL-9108  
軽量90 φ6-150×150
D10-200×200
1時間 連続 2.7 3.9 1.2
1.6
普通80
軽量70
18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP060FL-9096  
単純 2.5 2.9 1.2
1.6
普通80 18~24 φ6-150×150
の二段配筋
不要 FP060FL-9102  
45分 単純
連続
2.4 2.4 1.2
1.6
普通50 18~24 φ6-150×150
D10-200×200
不要 NG QF045FL-0007  
UKA
UKA-N
2時間 単純
連続
常温時の
設計による
1.0
1.2
1.6
2.3
普通80
18~24 φ6-150×150
D10-200×200
D13
以上
NG NG FP120FL-0012
 溝筋かぶり60mm以上
軽量80 FP120FL-9015  溝筋かぶり55mm以上
※1 許容スパンは、鉄骨梁の場合はその芯間距離、RC梁の場合は梁の内法寸法として下さい。施工時の許容スパンについて別途ご確認ください。
※2 式1~7 *許容積載荷重は全荷重(固定荷重+積載荷重)からスラブ自重を差し引いた数値です。
式1 W=224.611/L2-Wdl 式中の【W】は許容積載荷重(kN/m²)、【Wdl】はスラブ自重(kN/m²、仕上げ等含む)、【L】は支持スパン(m)を表す。
式2 W=201.204/L2-Wdl
式3 W = 5.4×(2.7/L)² 式中の【W】は許容積載荷重(kN/m²)、【L】は支持スパン(m)を表す。
また、Wが9.8を超える場合はW=9.8とする。
式4

W = 5.4×(3.4/L)²

式5 W=132.5/L2-Wdl 式中の【W】は許容積載荷重(kN/m²)、【Wdl】はスラブ自重(kN/m²、仕上げ等含む)、【L】は支持スパン(m)を表す。
また、W+Wdlの最大は23.0kN/㎡とする。
式6 W=141.0/L2-Wdl 式中の【W】は許容積載荷重(kN/m²)、【Wdl】はスラブ自重(kN/m²、仕上げ等含む)、【L】は支持スパン(m)を表す。
W+Wdlの最大値は21.69(kN/m²)とする
式7 W=99.7/L2-Wdl 式中の【W】は許容積載荷重(kN/m²)、【Wdl】はスラブ自重(kN/m²、仕上げ等 含む)、【L】は支持スパン(m)を表す。W+Wdlの最大値は24.92(kN/m²)とする
式8 W=126.4/L2-Wdl 式中の【W】は許容積載荷重(kN/m²)、【Wdl】はスラブ自重(kN/m²、仕上げ等 含む)、【L】は支持スパン(m)を表す。W+Wdlの最大値は21.94(kN/m²)とする
※3 鉄筋比は0.2%以上とする必要がありますので、増し打ちをする場合にはご注意ください。
※4 耐火補強筋(D13)をデッキプレートの各谷にかぶり40mm(HYPERの場合は45mm)で配して下さい。
※5 RC納まりの場合は、端部補強筋(D13以上)を梁への定着長さ150mm以上、スラブ内の長さ850mm以上で配してください。
ただし、耐火補強筋を用いる場合は端部補強筋は不要です。
※6 RC納まりの場合は、普通コンクリートのみ適用できます。
※7 天井付き合成スラブの耐火認定工法です。本認定の適用には天井があることが必須条件です。
※8

頭付きスタッドの仕様はφ16以上、@300以下としてください。

※9

頭付きスタッドはφ16以上xL120以上、接合ピッチは大梁300mm以下、中間梁200mm以下としてください。

※10

スパンと積載荷重が常温時の設計を超える場合は、常温時の設計を優先してください。

※11 中間梁との接合については、焼き抜き栓溶接も適用可能です。
※12 スラブ自重が2,610N/m²を超える場合は、超えた重量分を許容積載荷重から差し引いてください。
※13 スラブ自重が2,440N/m²を超える場合は、超えた重量分を許容積載荷重から差し引いてください。

屋根30分耐火構造認定

品名 板厚
(mm)
支持条件 許容 スパン (m) 母屋との接合 耐火構造 認定番号
UA-R 1.0, 1.2 単純・連続 3.8以下 母屋の板厚6mm以上     
 ⇒発射打ち込み 径4.5以上
 ⇒鋲焼き抜き栓溶接 径18以上
母屋の板厚6mm未満     
 ⇒ドリリングタッピングねじ 径6以上
FP030RF-0161
EZ50 1.2, 1.6 単純・連続 3.2以下 FP030RF-0053
EZ75 1.0 連続 3.8m以下 FP030RF-1823
1.2, 1.6 単純
連続
3.2以下
5.0以下
FP030RF-0036
FP030RF-0103
HYPER 1.0~1.6 単純・連続 5.0以下 FP030RF-0123

EZ75-1.0mm(FP030RF-1823)相互の接合形式(図1)

 

床ロックウール被覆耐火認定

品名 耐火
時間
使用条件 断面条件 接合仕様 認定書
ダウンロード

ロックウール被覆仕様 ※12

支持
条件
許容
スパン
許容積載荷重
デッキ
板厚
mm
コンクリート  ひび割れ
拡大防止筋
耐火
補強筋
(溝筋)
頭付き
スタッド
焼抜き
栓溶接
発射打
込み鋲
m kN/m2 厚さ
mm
Fc
kN/m2
EZ50
EZ50-S
1時間 単純
連続
常温時の
設計による
1.0
1.2
1.6
普通50 18~36 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP060FL-0114 要吹付けロックウール被覆
吹付け厚さ/15mm以上
比重(絶乾)/0.28以上
配合(質量%)/ロックウール60:セメント40
2時間 単純
連続
常温時の
設計による
1.0
1.2
1.6
普通50 18~36 φ6-150×150
D10-200×200
不要 NEW
FP120FL-0212
要吹付けロックウール被覆
吹付け厚さ/20mm以上
比重(絶乾)/0.28以上
配合(質量%)/ロックウール60:セメント40
EZ75
EZ75-S
1時間 単純
連続
常温時の
設計による
1.0
1.2
1.6
普通50 18~36 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP060FL-0115 要吹付けロックウール被覆
吹付け厚さ/15mm以上
比重(絶乾)/0.28以上
配合(質量%)/ロックウール60:セメント40
2時間 単純
連続
常温時の
設計による
1.0
1.2
1.6
普通50 18~36 φ6-150×150
D10-200×200
不要 FP120FL-0117
要吹付けロックウール被覆
吹付け厚さ/20mm以上
比重(絶乾)/0.28以上
配合(質量%)/ロックウール60:セメント40
※12 当社が取得した吹付けロックウール被覆耐火構造です。ロックウール工業会各社の認定とは被覆仕様が異なる場合がありますの御注意下さい。


上記の耐火構造が用いられない場合は、下記に示すロックウール工業会各社の吹付けロックウール被覆耐火構造で対応頂けます。
詳細については、ロックウール工業会各社にお問合せ下さい。

■吹付けロックウール被覆耐火構造

認定番号 耐火時間 部位 比重 厚さ(mm)   構造名 鉄板の厚さ 床板の厚さ
FP060FL-9128 1時間 0.30以上 15   デッキプレート 1.2mm以上 40mm以上
FP120FL-9129 2時間 20   キーストンプレート 0.8mm以上 40mm以上
FP030RF-9324 30分 屋根 0.30以上 10    


ページトップへ