土木鉄構

ホーム取扱商品防災・鉄構>鋼板セルえん堤(透過配置)

鋼板セルえん堤(透過配置)

 日鐵住金建材の鋼板セルえん堤は鋼殻(スチール)と中詰材(土砂)の特性を活かした合理的な構造物です。

主な特長

ページトップへ

構造

部材仕様
「鋼板セルえん堤」とは、鋼製のセグメントを組み上げた鋼殻と中詰土砂で円筒体のセルを構築する重力式の砂防えん堤です。
セルの配置は自在で、透過型にも不透過型にも対応可能です。
施工フロー
1.
河床整地~均しコンクリート打設
2.
セル殻の組立(1段目)
小型のクレーン車でセグメントを組み上げ、高力ボルトで接合します。
3.
中詰材の投入~敷き均し~転圧
4.
セル殻の組立(2段目以降)
中詰の施工をしながら、順次2段目以降を組み立てていきます。
蓋コンクリートの施工をして完成
中詰材の流出防止の蓋コンクリートを打設します。
必要な場合塗装等の仕上げをします。

ページトップへ

施工事例

 

 透過型の鋼板セルえん堤は、不透過型と同じ鋼板セルを一体一体独立させ、所定の間隔に配置した重力式のえん堤です。その目的はスリット構造の透過型えん堤と同様ですが、巨礫を捕捉する機構がスリット構造では直接的な閉塞効果によっているのに対して、セルえん堤では堰上げ・堰止め等の水理的な減勢効果によっている点が基本的に異なっています。したがって、開口部の幅は相対的に大きくとれ、機械土工で除石作業を容易に行うことができます。

施工事例