社員紹介

原田 剛男

現在の仕事内容

水路や土留めなどインフラ整備に使用される基礎資材の技術営業を担当しています。関わる人は自治体やゼネコン、設計コンサル、施工業者など幅広く、計画・設計・施工すべてのプロセスに携わることができる点が、メーカー技術営業の面白さです。お客さまの要望に対し最適な提案をするためには、商品の性能・材質・施工性に関する専門的な知識が必要となりますが、大学時代(土木専攻)の基礎知識をベースに、入社以降も学会や講習会などに参加して知識を積上げています。また、実際の現場に足を運び、調査や協議、施工指導などを行う体力勝負な面や、商品開発部と連携して既存商品の改良や新商品の開発を行いお客さまへ提案する場合もあります。

当社の魅力

当社のモットー「人こそすべて、みなぎる創意で未来をこの手に」に示すように、当社は人を大切にする会社であると感じています。具体的には、社員の教育に関して積極的に応援していることです。私の場合は主に学会主催の講習会に参加させて頂き、自身の知識を高め、学んだ知識を生かして技術営業を行っています。また、年一回のレクリエーションもあり、遊ぶ時はしっかり遊ぶメリハリのある会社だと思います。

将来のビジョン

様々な分野の人との人脈を形成する事により多様な価値観を吸収し、それを土木関係の技術営業に活かしたいと考えています。土木は歴史が古く、成熟した技術を持つ分野です。それだけに新たな価値観を広げるというのは非常に難しい事です。自分自身が多様な価値観を身に付け、土木に新たな価値観を広げ、社会的意義のある「物創り」をして行きたいと考えています。

休日の過ごし方

私の特技は、野球・ゴルフ・サッカーなどの球技です。その中でもボウリングが一番好きで、同年代の社員を誘って定期的に、焼き肉を食べて鋭気を養い、社宅の近くのボウリング場に行っています。そのボウリング場では「鉄よりも熱い勝負」が繰り広げられています。上司と部下の関係を忘れ、ボウリングブーム世代との世代対決も熱い勝負になるのでは?と思い現在対決を計画中です。

メッセージ

就職活動をするにあたり最も大事な事は情報収集だと思います。入社後、「こんなはずでは・・・」と思わないようにするためです。そのために一番有効なのは実際に働いている人の声を聞く事だと思います。知人がいれば簡単ですが、いない場合は人事に紹介してもらうなどの方法があります。アグレッシブに情報を集めて納得のいく就職をして下さい。