ポール

ホーム取扱商品ポール>段付照明用支柱


新型段付照明用主柱(mini ST)は、街路灯で使用されている直管段付ポールの接合部を、溶接による方式から回転圧延(スピニング)により一体成形した主柱です。接合部を溶接ではなく一体成形するため、信頼性と美観に優れた照明柱を可能とします。

Smooth (滑らか)
接合部が滑らかなため、美観に優れています。
また、上部管の径も自由に設定できますので、設計の自由度が広がり経済的な照明柱を可能とします。

Safety (安全)
接合部を一体成形するため、応力集中が小さく耐振性にも優れた安全性の高い構造で、歩道橋にも設置可能な主柱です。

Fail safe (信頼)
接合部に溶接を有しないため、接合部の加工と管理が不要になると共に、設置後の(接合部の)点検が不要な信頼性の高い照明柱を可能とします。

主な特長

溶接接合とスピニングによる接合方法との違い

種類・寸法表
型式
地上高さ
h1(mm)
根入長
h2(mm)
外径(上管)
φD1(mm)
外径(下管)
φD2(mm)
3.0G(B) 3000 700 60.5
114.3
3.5G(B) 3500 800 60.5
114.3
4.0G(B) 4000 800 76.3
139.8
4.5G(B) 4500 900 76.3
139.8
5.0G(B) 5000 1000 76.3
139.8
5.5G(B)

5500

1200 89.1
165.2
6.0G(B) 6000 1200 89.1 165.2

※ ベースプレートタイプも可能です。
※ 外径(上管、下管)寸法も変更可能です。
※ 上記以外の寸法でも製作可能です。ご相談下さい。
※ 種類・詳細寸法は別紙寸法表、図面をご参照下さい。