ポール

ホーム取扱商品ポール>制振装置チェーンダンパー

制振装置チェーンダンパー


柱状構造物等の振動対策用制振装置

主な特長

仕様

チェーンダンパーは、主として海峡部や湾岸など風環境が厳しい場所に設置される柱状構造物等の振動対策用に開発された制振装置です。
この方式の原理は、外装管内部にチェーンを懸架し、柱状構造物等が振動したときチェーンが外装管内壁に衝突して、振動エネルギーを散逸することにより制振効果が得られる仕組みです。過去、大鳴門橋を始めとした本四架橋や他の長大橋上の照明柱に装備され、著しい効果をあげています。
最近では橋梁等の路面振動に対する制振が求められていますが、これらの振動に対してもチェーンダンパーが有効に機能することが明らかになっております。

照明柱の振動例 チェーンダンパーの適用例
図 図
登録・認定 NETIS登録番号:CB-010025

ページトップへ

施工事例

過去にチェーンダンパーを取り付けた例は以下のとおりです。納入後に振動問題は発生しておりません。

設置場所 供用年月 取付け方法 支柱形状 本数
大鳴門橋
1985年 6月
外装 正八角形 112本
伯方大島大橋 1988年 1月 外装 円形 53本
瀬戸大橋 1988年 4月 内装 正八角形 930本
生口橋 1991年12月 内装 円形 33本
亀徳大橋
(鹿児島県徳之島)
1996年 1月 ※ 内装 円形 14本
明石海峡大橋 1997年 4月 内装 円形 326本
新尾道大橋 1998年 5月 内装 円形 36本
多々羅大橋 1998年 5月 内装 円形 100本
来島海峡大橋 1998年 5月 内装 円形 306本
安芸灘大橋(広島県) 2000年 1月 内装 円形 37本

大鳴門橋
写真
瀬戸大橋
写真
明石海峡大橋
写真
来島海峡大橋