防護柵

ホーム>取扱商品>防護柵>ガードパイプGp-N

主な特長

親和性

景観ガイドラインに記載されている、親和性に特に配慮した防護柵です。

  接続部 中間部 端部 ボルト
Gp-N
標準Gp

景観性

標準ガードバイプの透過性をそのままに、ビームの連続性を高め防護柵の景観性を向上しています。

  頭部突出量、接合部目地 ブラケット形状、ボルト配置状況
Gp-N
標準Gp

施工面への対応

ボルトの片側留めの「締め付けにくさ」を、新しい技術を用いて解決しています。


*「ナットロケーター」は特許出願中

ページトップへ

性能

安全面の検証

車両用防護柵としての安全性能は、標準ガードパイプと同等です。

Gp-N実車衝突実験の映像


Windows Media Player
フラッシュプレーヤーをお持ちでない方はこちらをクリックして下さい

ページトップへ

仕様

型式

  C種 B種 A種
路側 土中 Gp-C-3EN Gp-B-3EN Gp-A-3EN
路側 構造物 Gp-C-2BN Gp-B-2BN Gp-A-2BN
歩車道境界 土中 Gp-Cp-2EN Gp-Bp-2EN Gp-Ap-2EN
歩車道境界 構造物 Gp-Cp-2BN Gp-Bp-2BN Gp-Ap-2BN

施工事例


GP-Cp-2BN(トク) 設置場所:神奈川県

Gp-Cp-2EN 設置場所:長崎県