鉄道商品・獣害対策商品

ホーム取扱商品>獣害対策商品 シカ対策システム“ユクリッド”



デザイン

シカ対策システム”ユクリッド”の構成アイテムである誘鹿材”ユクル”が2016年度グッドデザイン賞と第13回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞いたしました。

 
メディアプレイヤー

商品概要

“ユクリッド” は、農業、林業、及び鉄道におけるシカ被害の低減を目的としたシステムの総称です。

当社の長年の研究成果により導き出された、侵入抑止柵“ユカエル” と誘鹿材“ユクル” をそれぞれの被害対策地域に適した配置を行うことで、シカによるトラブルを包括的に解決します。

アイヌ語でシカを意味する“ユク(=YUK)”をシリーズ共通で採用しており、全体を統括する“ユクリッド”は、シカとヒトとの区切りをつくるという意味を込めて“ユク(=YUK)+ グリッド(=GRID)= ユクリッド(YUKRID)” と名付けました。

導入方法

“ユクリッド” の導入は、当社専門技術スタッフの現地調査に基づいた、各商品の配置方法の提案から始まります。各商品を適所に配置することで、シカの行動経路をコントロールし、地域のシカ被害を低減するシステムが機能します。

構成アイテム

“ユクリッド” は侵入抑止柵“ユカエル” と誘鹿材“ユクル” の2 つのアイテムで構成されています。


   ■侵入抑止柵“ユカエル”

-シカが入りにくく、出やすい-
“ユカエル” は、シカの形態と生態、鉄道環境の地形と施工性を考慮した、「侵入抑止性と脱出容易性」を備えた商品です。

シカが侵入する前に帰る、また、鉄道環境から飛んで帰る(列車との衝撃前に脱出する)という意味を込めて“ユク(=YUK)+ 帰る(=KAERU)= ユカエル(=YUKAERU)” と名付けました。

シカを鉄道環境に閉じ込めない設置構造により列車との衝撃発生確率を減らすことが出来ます。



   ■誘鹿材“ユクル”

-鉄分を含有した世界で初めてのシカ専用誘引材-

“ユクル” は、「シカは鉄道環境の鉄分を求めて侵入する」という当社の研究成果から開発された、世界で初めてのシカ専用の誘引材です。

シカが寄ってくるという意味を込めて“ユク(=YUK)+ 来る(=KURU)= ユクル(=YUKURU)”と名付けました。

シカの痕跡(足跡や糞)が確認できる場所や獣道に設置することで、シカを足留め(徘徊を防止)することが出来ます。

また、捕獲を目的に設置するワナへの誘引・誘導をサポートすることが出来ます。 専用ケースを使用すれば、シカに対する誘引効果や持続性が向上し、設置後の維持管理が容易となります。



性能

■ 侵入抑止柵“ユカエル”
野生のホンシュウジカ(岐阜県垂井町)を対象とした試験で「シカと列車の衝撃件数の低減」に関する有効性を確認しました。
〔試験区間〕
 岐阜県垂井町において延長150m
〔侵入件数(※)〕
 171件(未設置期間(平成24年10月~平成25年3月))→ 4件(設置期間(平成25年10月~平成26 年3月))
〔衝撃件数〕
 3件(未設置期間(平成24年10月~平成25年9月))→ 0件(設置期間(平成25 年10月~平成26年9月))
 (※)野生動物観測用のカメラやセンサーを用いて件数をカウント。

岐阜県垂井町での試験結果(黄色のエリアがユカエル設置時の結果)

■ 誘鹿材“ユクル” 
野生のホンシュウジカ(岐阜県関ヶ原町)およびエゾシカ(北海道釧路市阿寒町、富良野市島ノ下)を対象とした試験で「シカの誘引と長時間の足止め」に関する有効性を確認しました。

北海道釧路市阿寒町での試験結果(地面と木の幹にそれぞれ1 つずつ“ユクル” を設置)